記事一覧 : ウェブアクセシビリティ
(全181件 : 1/19)

WCAG 2.0 解説書+達成方法集 要約 (時代工房)

京都を拠点にウェブデザインやウェブアクセシビリティ関連サービスを展開している有限会社時代工房さんが、「WCAG 2.0 (JIS X 8341-3:2016, ISO/IEC 40500:2012) 解説書+達成方法集 要約 (HTML+CSS+js 編)」を制作されました。

サイト内検索機能を開閉するボタンを「検索」ランドマークとすべきか?

サイト共通ヘッダーに、サイト内検索機能を開閉するボタン (虫眼鏡アイコン) を配置して、ボタンが押されると検索窓を開く、という UI をよく見かけます。この手のボタンに対して、role="search" (「検索」ランドマーク) を付けるべきでしょうか?

悲劇的なデザイン

「悲劇的なデザイン — あなたのデザインが誰かを傷つけたかもしれないと考えたことはありますか?」を読みました。デザインがもたらす可能性がある負の側面 (デザインは人を殺す、デザインは怒りをあおる、デザインは悲しみを呼ぶ、デザインは疎外感を与える) に焦点を当て、こうしたリスクはどうしたら避けられるのかを説く本です。

WCAG 2.1 Recommendation (勧告)

W3C の WCAG (Web Content Accessibility Guidelines) の新バージョンである WCAG 2.1 が、2018年6月5日に正式な Recommendation (勧告) になりました。この記事では、WCAG 2.1 で正式に追加された新達成基準を、一覧としてまとめてみました。

インクルーシブなペルソナ拡張

2018年5月17日の「Global Accessibility Awareness Day」に、神戸で開催された「アクセシビリティの祭典 2018」に登壇させていただき、「インクルーシブなペルソナ拡張」というデザイン支援ツールを発表しました。

WCAG 2.1 Proposed Recommendation (勧告案)

WCAG 2.1 の勧告案が2018年4月28日に開示されました。最終的な勧告まで「あと一歩」というステータスで、言わば最終確認の状態と言えます。この記事では、今回の勧告案で見られる WCAG 2.1 の新達成基準を一覧としてまとめました。

ブランド訴求と「ハイコントラスト」モード

ウェブコンテンツのアクセシビリティを担保するうえで、文字色と背景色のコントラストに配慮することは重要ですが、ブランドカラーの制約がある場合、どうしたらよいでしょうか。

ウェブアクセシビリティに関する法律/政策のデータベース (W3C)

W3C が「Web Accessibility Laws and Policies」というページを公開しているので、ご紹介します。包括的で完全なリストというわけではありませんが、それでも参考になるかと思います。

インクルーシブ HTML + CSS & JavaScript — 多様なユーザーニーズに応えるフロントエンドデザインパターン (電子書籍版)

日本語版レビュワーとして関わらせていただきました書籍「インクルーシブ HTML + CSS & JavaScript — 多様なユーザーニーズに応えるフロントエンドデザインパターン」が電子書籍化されました。見本誌をいただきましたので、ご紹介します。

ブロックスキップを考える

WCAG 2.0 に「ブロックスキップ」という達成基準があり、その達成方法のひとつにスキップリンクの設置があります。今回の記事では、スキップリンクの実効性や必要性といった側面から、ブロックスキップについて考えてみたいと思います。
12345