記事一覧 : ウェブアクセシビリティ
(全170件 : 1/17)

WCAG 2.1 最終ワーキングドラフトへのコメント

2018年の夏に勧告が予定されている WCAG 2.1 について、最終ワーキングドラフトに対するコメントを W3C Accessibility Guidelines Working Group に提出してみました。

スクリーンリーダー利用に関するトレンド : 2017年10月実施の WebAIM 調査より

米国の非営利団体 WebAIM による、恒例のスクリーンリーダー利用者調査 (第7回) の結果が発表されました。調査結果の中から私自身が興味深く感じた事項を中心に、スクリーンリーダー利用に関するトレンドについてまとめたいと思います。

「インクルーシブデザイン」の二つの視点 — UX デザインの土台としてのウェブアクセシビリティ

「CSS Nite Shift11」の「アクセシビリティ」セッションで、「インクルーシブデザイン」のお話をさせていただきました。この「インクルーシブデザイン」という考えかたには、実は二つの視点から見た捉えかたがあると考えています。

WCAG 2.0 早見表 (時代工房)

京都を拠点にウェブデザインやウェブアクセシビリティ関連サービスを展開している有限会社時代工房さんが、このたび「JIS X 8341-3:2016, WCAG 2.0, ISO/IEC 40500:2012 早見表」を制作されました。

「人」を感じながら障害や状況のシミュレーションができる Chrome 拡張機能「Funkify」

ウェブサイトやアプリケーションが障害者などにどのように見えるか (そしてそれがどのようにユーザーエクスペリエンスに影響するか) を擬似的に体感できる、スウェーデン発のユニークな Chrome 拡張機能「Funkify」をご紹介します。

インクルーシブ HTML + CSS & JavaScript — 多様なユーザーニーズに応えるフロントエンドデザインパターン

Heydon Pickering 氏による著書「Inclusive Design Patterns」の日本語訳版、「インクルーシブ HTML + CSS & JavaScript — 多様なユーザーニーズに応えるフロントエンドデザインパターン」が出版されることになりました。私も日本語版レビュワーという形で関わらせていただきましたので、ご紹介します。

「Inclusive Design Principles (インクルーシブデザインの原則)」日本語訳

The Paciello Group の「Inclusive Design Principles (インクルーシブデザインの原則)」を、このたびインフォアクシアの植木さんと共同で、日本語に翻訳し公開させていただきました。

キーボード操作によるインタラクションをチェックする

ウェブコンテンツは、障害などの事情で精緻なマウス操作ができない人 (キーボード操作に依存する人) でも利用可能でなければなりません。この記事では、キーボード操作によるインタラクションのチェックポイントをチートシート的にまとめてみました。

英語圏のウェブアクセシビリティ コミュニティで語られる「インクルーシブデザイン (inclusive design)」について

最近「inclusive design」という言葉がよく使われているように思いますが、ガイドライン (WCAG) を満たして満足することに留まらず、さらに踏み込んでアクセシビリティというものを捉えよう、という問題提起は心底同感するところです。

スクリーンリーダーを併用しなくてもランドマーク間の移動 (キーボード操作) を可能にする「Landmarks」

一般ブラウザ単体では、キーボード操作によるセクション間のジャンプ移動 (見出しやランドマークの飛ばし読み) ができないのが現状ですが、ランドマーク間の移動を可能にする拡張機能「Landmarks」があるので、ご紹介します。
12345