新着記事

WCAG 2.0 解説書+達成方法集 要約 (時代工房)

京都を拠点にウェブデザインやウェブアクセシビリティ関連サービスを展開している有限会社時代工房さんが、「WCAG 2.0 (JIS X 8341-3:2016, ISO/IEC 40500:2012) 解説書+達成方法集 要約 (HTML+CSS+js 編)」を制作されました。

サイト内検索機能を開閉するボタンを「検索」ランドマークとすべきか?

サイト共通ヘッダーに、サイト内検索機能を開閉するボタン (虫眼鏡アイコン) を配置して、ボタンが押されると検索窓を開く、という UI をよく見かけます。この手のボタンに対して、role="search" (「検索」ランドマーク) を付けるべきでしょうか?

悲劇的なデザイン

「悲劇的なデザイン — あなたのデザインが誰かを傷つけたかもしれないと考えたことはありますか?」を読みました。デザインがもたらす可能性がある負の側面 (デザインは人を殺す、デザインは怒りをあおる、デザインは悲しみを呼ぶ、デザインは疎外感を与える) に焦点を当て、こうしたリスクはどうしたら避けられるのかを説く本です。

融けるデザイン

「融けるデザイン — ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論」を読みました。情報技術の発展に伴い、ハードウェア、ソフトウェア、そしてインターネットがますます融け合い、それによって新しい世界の姿が現れつつある中、ユーザーインターフェースやインタラクションのデザインはどうあるべきかを説く本です。

WCAG 2.1 Recommendation (勧告)

W3C の WCAG (Web Content Accessibility Guidelines) の新バージョンである WCAG 2.1 が、2018年6月5日に正式な Recommendation (勧告) になりました。この記事では、WCAG 2.1 で正式に追加された新達成基準を、一覧としてまとめてみました。