振り仮名のカタカナ入力

ウェブページのフォーム (「お問い合わせ」や「申し込み」など) に氏名を入力する際、いつも気になるのが、振り仮名 (読み仮名) の入力です。カタカナで入力しなければならないケースがとても多いのですが、これは、ユーザーに無駄な面倒を強要していると言えます。

その理由は、文字変換の手間です。たとえばユーザーの氏名が「山田太郎」さんの場合、以下のような手順を踏むことになります。

  1. 「お名前」欄に、「やまだたろう」と入力して「山田太郎」と漢字変換する。
  2. 「フリガナ」欄に、「やまだたろう」と入力して「ヤマダタロウ」とカタカナ変換する。

上記のうち、意外と面倒なのが、カタカナ変換です。というのも、PC などの文字変換機能は、漢字変換がメインのユースケースなので、カタカナに変換する場合、変換候補のリストの下の方まで探さなければならないことが多いからです。

そもそも、なぜ振り仮名をカタカナで入力しなければならないのでしょうか。恐らくは、昔からある紙の書式の名残かなと思いますが、氏名の読みかたがわかればよいのであれば振り仮名はひらがなで十分なはずです。振り仮名の入力がひらがなで可能であれば、ユーザーはいちいち変換候補からカタカナ表記を選択しなくてもよいので、その分フラストレーションが軽減されます。ウェブフォームの振り仮名入力は、基本的にはひらがなにすべきではないか、と思います。

記事を共有

Twitter に投稿 Facebook に投稿 はてなブックマークに投稿 Pocket に追加