記事一覧 : ウェブアクセシビリティ
(全159件 : 1/16)

動画キャプションを聴覚障害者の UX として考える

聴覚障害者に対して、動画視聴の結果もたらされるユーザー体験 (UX) に少なからず影響を与えるという意味で、キャプションの制作は、実にクリエイティブな仕事であると言えます。制作リソースの許す限りブラッシュアップしたいものです。

スクロールに呼応してコンテンツを小出しにする演出

ユーザーのスクロール操作に呼応してコンテンツの塊が小出しに出現する演出をよく目にします。ユーザーがコンテンツを「順序よく」「連続的に」見ることが前提となっていますが、それ以外の利用文脈を持つユーザーへの配慮が忘れられがちな印象を受けます。

コーディング Web アクセシビリティ (電子書籍版)

「コーディング Web アクセシビリティ — WAI-ARIA で実現するマルチデバイス環境の Web アプリケーション」が電子書籍化されました。見本誌をいただきましたので、ご紹介します。

WCAG 2.1 (First Public Working Draft)

WCAG (Web Content Accessibility Guidelines) 2.1 の First Public Working Draft が、2017年2月28日に開示されました。気になる WCAG 2.0 との差分をまとめてみました。

メインビジュアル (ヒーローイメージ) や背景の動画による演出

メインビジュアル (ヒーローイメージ) や背景が動画になっているウェブサイトをよく目にします。「予期的 UX」醸成やブランディング訴求といった側面が重視されていますが、基本的なユーザビリティやアクセシビリティもしっかり押さえたいものです。

デザイニング Web アクセシビリティ(電子書籍版)

「デザイニング Web アクセシビリティ — アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチ」が電子書籍化されました。見本誌をいただきましたので、ご紹介します。

ウェブアクセシビリティへの取り組みを公開する (JIS X8341-3:2016 を基に)

ご自身が運営するウェブサイトにおいてアクセシビリティの向上に取り組んでいるのであれば、その取り組みについて情報公開したいものです。JIS X8341-3:2016 を基に、具体的にどう情報を公開したらよいか、アウトラインをまとめてみました。

ウェブサイトを多言語展開する際のアクセシビリティ面での注意事項

海外に事業展開をしているなどの理由でウェブサイトを多言語展開する場合、思わぬところでアクセシビリティ対応が見落とされることがあります。制作時および品質チェック時の備忘録として、注意すべき個所を挙げておきます。

データセルを結合してテーブルを視覚的に「よりシンプルに」したい場合

ウェブコンテンツの表現でテーブルを用いる場合、データセルを敢えて結合することで視覚的に「よりシンプルに」したい、というケースはあると思います。視覚的にはシンプルに見えても構造的には単純でなくなっているので、注意が必要です。

「satisficing」を考える

英語で「satisficing」という言葉があります。「不満なく事足りている」状態を表わす言葉ですが、今回の記事では、この satisficing とユーザビリティの関係について、いろいろな側面から考えてみたいと思います。
12345