記事一覧 : ウェブアクセシビリティ
(全154件 : 1/16)

デザイニング Web アクセシビリティ(電子書籍版)

「デザイニング Web アクセシビリティ — アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチ」の電子書籍版の見本誌をいただきました。感想を交えつつご紹介します。

ウェブアクセシビリティへの取り組みを公開する (JIS X8341-3:2016 を基に)

ご自身が運営するウェブサイトにおいてアクセシビリティの向上に取り組んでいるのであれば、その取り組みについて情報公開したいものです。JIS X8341-3:2016 を基に、具体的にどう情報を公開したらよいか、アウトラインをまとめてみました。

ウェブサイトを多言語展開する際のアクセシビリティ面での注意事項

海外に事業展開をしているなどの理由でウェブサイトを多言語展開する場合、思わぬところでアクセシビリティ対応が見落とされることがあります。制作時および品質チェック時の備忘録として、注意すべき個所を挙げておきます。

データセルを結合してテーブルを視覚的に「よりシンプルに」したい場合

ウェブコンテンツの表現でテーブルを用いる場合、データセルを敢えて結合することで視覚的に「よりシンプルに」したい、というケースはあると思います。視覚的にはシンプルに見えても構造的には単純でなくなっているので、注意が必要です。

「satisficing」を考える

英語で「satisficing」という言葉があります。「不満なく事足りている」状態を表わす言葉ですが、今回の記事では、この satisficing とユーザビリティの関係について、いろいろな側面から考えてみたいと思います。

Google マップ (PC 版) のキーボード操作性の向上

PC で開くことができる Google マップのサイトで、アクセシビリティ、特にキーボードでの操作性が大きく向上していますので、ご紹介します。

代替コンテンツの自動提供への期待

ウェブアクセシビリティにおいて、非テキストコンテンツに対する代替コンテンツの提供は、大きな課題と言えますが、AI などの技術の進化によって代替コンテンツが自動的に提供されるようになれば、状況は大きく改善されるかもしれません。

「障害者差別解消法」施行

2016年4月1日より、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(いわゆる「障害者差別解消法」) が施行されます。この記事では、ウェブアクセシビリティに関連しそうな事項について、簡単にご紹介します。

JIS X8341-3:2016

「JIS X8341-3:2010」の改訂として、2016年3月22日に「JIS X 8341-3:2016」 が公示されました。達成基準の内容 (つまり JIS X8341-3 準拠のために必要な施策) については変更がありませんが、文書構造的に WCAG 2.0 との合致が図られています。

画像スライドショーをアクセシブルにカスタマイズする (PhotoSwipe を例に)

ウェブサイトで画像のスライドショーを実現するには、現実的には JavaScript ライブラリーを付加的に使うことになります。PhotoSwipe というライブラリーをアクセシブルにカスタマイズしてみたので、ひとつの実験例としてご紹介します。
12345