新着記事

動画キャプションを聴覚障害者の UX として考える

聴覚障害者に対して、動画視聴の結果もたらされるユーザー体験 (UX) に少なからず影響を与えるという意味で、キャプションの制作は、実にクリエイティブな仕事であると言えます。制作リソースの許す限りブラッシュアップしたいものです。

ユーザーを引っ掛けようとする UI

ユーザーをトラップに引っ掛けようとするようなユーザーインターフェース (UI) があります。このような例を見るにつけ、UI のデザインおよびそれを支える IA (情報設計) においては、それなりに倫理的であることも求められるのではないか、と思います。

スクロールに呼応してコンテンツを小出しにする演出

ユーザーのスクロール操作に呼応してコンテンツの塊が小出しに出現する演出をよく目にします。ユーザーがコンテンツを「順序よく」「連続的に」見ることが前提となっていますが、それ以外の利用文脈を持つユーザーへの配慮が忘れられがちな印象を受けます。

コーディング Web アクセシビリティ (電子書籍版)

「コーディング Web アクセシビリティ — WAI-ARIA で実現するマルチデバイス環境の Web アプリケーション」が電子書籍化されました。見本誌をいただきましたので、ご紹介します。

WCAG 2.1 (First Public Working Draft)

WCAG (Web Content Accessibility Guidelines) 2.1 の First Public Working Draft が、2017年2月28日に開示されました。気になる WCAG 2.0 との差分をまとめてみました。