新着記事

ウェブアクセシビリティへの取り組みを公開する (JIS X8341-3:2016 を基に)

ご自身が運営するウェブサイトにおいてアクセシビリティの向上に取り組んでいるのであれば、その取り組みについて情報公開したいものです。JIS X8341-3:2016 を基に、具体的にどう情報を公開したらよいか、アウトラインをまとめてみました。

ワイヤーフレーム + フローチャート =「ワイヤーフロー (wireflows)」

ワイヤーフローとは、ワイヤーフレームとフローチャートを合わせたもので、画面構成と画面遷移を同時に見渡せる中間成果物です。ウェブサイト設計の上流工程で、サイト全体のページ構造がユーザー行動に照らし合わせて不自然でないかを検証するのに有効です。

ウェブサイトを多言語展開する際のアクセシビリティ面での注意事項

海外に事業展開をしているなどの理由でウェブサイトを多言語展開する場合、思わぬところでアクセシビリティ対応が見落とされることがあります。制作時および品質チェック時の備忘録として、注意すべき個所を挙げておきます。