ソーシャルログイン (ソーシャルサインイン) が引き起こす「どのアカウントでログインしたっけ?」問題

利用にあたってユーザーのログインが必要なサービスがあります。最近では、そのサービスが独自に用意するログイン機能に加えて、ユーザーがあらかじめ所有しているソーシャルメディアのアカウントでログインできるサービスも増えています。これは「ソーシャルログイン (ソーシャルサインイン)」と呼ばれ、OAuth (オーオース) というオープンな仕様によって可能になっています。

ソーシャルログイン (ソーシャルサインイン) の画面例
ソーシャルログインの画面例

ソーシャルメディアアカウントへのアクセス権を他者 (サービス提供側) に渡すことで自分の情報が収集されてしまうのではないか...という懸念はあるものの、ソーシャルログインはユーザー側、サービス提供側の双方にとって便利なものであり、たとえば以下のようなメリットがあります。

もともと、どのソーシャルメディアのアカウントでログインしたっけ?

このようなソーシャルログインでは、複数のソーシャルメディアを扱っているものも少なくありません。ユーザーにとっては幅広いオプションがあるという点でウェルカムと言えますが、その反面、かえって混乱を招く恐れも実はあります。「もともと、どのソーシャルメディアのアカウントでログインしたっけ?」という問題です。

この手のサービスは cookie によって過去のログインを記憶してくれるものが多く、サイトにアクセスすると自動的にログイン済の状態になるので、多くの場合は以前どうログインしたかを意識しなくてもスムーズに利用することができます。ただし一定期間を過ぎて cookie が無効になると、どの手段でログインするかの選択が改めて求められます。当初どのアカウントでログインしたかを忘れて、違うソーシャルメディアのアカウントでログインしてしまい、結果、うまく使えない (利用できるはずのコンテンツにアクセスしたり操作したりできない) ... ということが起こるのです。

また、cookie はあくまでも、ひとつのユーザーエージェントの中でのみ有効な機能なので、別のブラウザ (別のデバイス) でも同じサービスを利用できる場合、「どのソーシャルメディアのアカウントでログインしたっけ?」問題はさらに起こりやすいと言えます。

そんなこと本当にあるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際あるサービスにおいて、複数の人がこの問題に「はまった」のを見聞きしています。ソーシャルログインの場合、そのサービスに初めてログインしたときに使ったアカウントでなくても、ログイン自体は比較的容易にできてしまうだけに、「ログインはできているはずなんだけど...なぜか使えない。どうすればいいんだろう?」とユーザーが困惑してしまうのです。

考えられる解決案をいくつか...

この「どのソーシャルメディアのアカウントでログインしたっけ?」問題を解決するには、どうしたらよいのでしょう。思いつくままに挙げてみます。


いかがでしょうか。上記はいずれも対処療法的で、根本的な解決ではない気もしますが…。複数デバイス (PC、タブレット、スマートフォン、そして今後はウェアラブルなども含めて) での利用も包含した、よりスマートなフールプルーフ (エラーの未然防止策) があればいいのにな、と思います。

記事を共有

Twitter に投稿 Facebook に投稿 はてなブックマークに投稿 Pocket に追加