「サイトで困ってしまうこと」とユーザビリティ

少し前になりますが、gooランキングで「企業のウェブサイトで困ってしまうことランキング」という調査がありました(調査期間:2008年5月21日から2008年5月23日まで)。以下がその結果ですが、いずれも、「なるほど」と思わされるものばかりですね。

  1. 情報が数ヶ月間更新されていない
  2. 画像が多くて、重い
  3. 「準備中」のコンテンツだらけ
  4. リンク先がPDFファイル
  5. トップページからオールFlash
  6. ポップアップがどんどん開く
  7. 情報が多すぎで探している情報にたどり着けない
  8. 商品一覧などの一覧ページがない
  9. 突然音が鳴る
  10. 問合せ先が明記していない
  11. サイトを見ても何を伝えたいかがわからない
  12. 商品の詳細情報がない
  13. ブラウザのサイズを勝手に変えられる
  14. サイト内検索が出来ない
  15. 会社案内の地図がわかりにくい
  16. 目に優しくない背景色(黄色や赤色など)
  17. 全体的に文字が小さい
  18. 公式ブログがスタッフの内輪ネタばかり
  19. 右クリック禁止
  20. サイトメニューが英語で書いてある

このランキング結果を見て改めて感じたのは、Webサイト(ホームページ)というのは、ユーザーにとっては「目的」ではなく、あくまでも「手段」にすぎないのだな、ということです。ユーザー自身の目的は、買い物をしたりサービスを受けたりコミュニティに参加したりすること、などであって、Webサイトはそのための「手段」あるいは「媒体」として使い物になるか否かが大切だと言えます(これがすなわちユーザビリティという考えかたです)。

上記のランキング結果はいずれも、ユーザー自身の目的達成が阻害されたことによって感じるフラストレーションの現れ、つまり、ユーザビリティの不備を表している、と言えると思います。Webの業界では様々なトレンドや方法論が生まれては消え...を繰り返していますが、結局のところ、ユーザビリティという概念は普遍的に重要なものだな、ということを感じました。皆さんは、いかがでしょうか?

記事を共有

Twitter に投稿 Facebook に投稿 はてなブックマークに投稿 Pocket に追加