記事一覧 : ユーザーインターフェース (UI)
(全97件 : 1/10)

その確認画面、必要ですか?

問い合わせや資料請求などのフォームで、送信前の確認画面が出てくるものがありますが、このようなインタラクションは「まどろっこしい」と言えるでしょう。ユーザーのメンタルモデルに照らし合わせて不自然さや不快感のない範囲で、できるだけ手続きを簡素化するようにしたいものです。

データセルを結合してテーブルを視覚的に「よりシンプルに」したい場合

ウェブコンテンツの表現でテーブルを用いる場合、データセルを敢えて結合することで視覚的に「よりシンプルに」したい、というケースはあると思います。視覚的にはシンプルに見えても構造的には単純でなくなっているので、注意が必要です。

「satisficing」を考える

英語で「satisficing」という言葉があります。「不満なく事足りている」状態を表わす言葉ですが、今回の記事では、この satisficing とユーザビリティの関係について、いろいろな側面から考えてみたいと思います。

代替コンテンツの自動提供への期待

ウェブアクセシビリティにおいて、非テキストコンテンツに対する代替コンテンツの提供は、大きな課題と言えますが、AI などの技術の進化によって代替コンテンツが自動的に提供されるようになれば、状況は大きく改善されるかもしれません。

Chris Nossel "Narrow AI in Sci-Fi" (UX Days Tokyo 2016)

UX Days Tokyo 2016 カンファレンスでの、Chris Nossel さんによる講演のノートです。

画像スライドショーをアクセシブルにカスタマイズする (PhotoSwipe を例に)

ウェブサイトで画像のスライドショーを実現するには、現実的には JavaScript ライブラリーを付加的に使うことになります。PhotoSwipe というライブラリーをアクセシブルにカスタマイズしてみたので、ひとつの実験例としてご紹介します。

タブ型 UI について考える

タブをクリック/タップすると、そのタブに紐づいた情報 (タブパネル) が切り替わり表示される UI があります。このタブ型 UI について、ユーザビリティおよびアクセシビリティの観点から配慮したいことを考えてみたいと思います。

アイコンフォントか? SVG アイコンか?

アイコンフォントについて、アクセシビリティ問題 (音声読み上げや表示に関するリスク) を指摘する声がありますが、代わりに SVG アイコンを用いることで、解決するのでしょうか。SVG アイコンの短所も踏まえたうえで、考えてみたいと思います。

Google マップの地図を静的に画像化する

先の記事「Google マップの埋め込みについて考える」の追補として、Google マップの地図を静的な画像として出力し、マーカーを付加してウェブページに貼り付ける方法をご紹介します。

スマートフォン機種変更とワンタイムパスワード利用解除

インターネットバンキングでワンタイムパスワードを利用している場合、スマートフォンを機種変更する際には事前にワンタイムパスワードの利用解除手続きを済ませておく必要があります。ユーザーがこの手続きを忘れないためには、どうしたらよいでしょうか。
12345