スマートウォッチ利用の個人的総括

以前、「スマートウォッチの UX」という記事を書きました。Pebble (初期モデル) を日常的に使うことを通じていろいろな気づきを記したものです。その後も毎日身に付けては、日々ちょっとした便利さを享受してきましたが、2年間愛用して、ポジティブ/ネガティブ両面でそれなりに累積的 UX が自分の中でまとまってきた感じがします。

Pebble

折しも 2016年12月に Pebble が Fitbit に買収されたことで、今後は新製品のリリースが望めないこと、サポート体制も無くなることから、これを機に個人的にはいったんスマートウォッチから離れてみようと思います。

とても気に入っていたデバイスなので、ハードウェアの寿命まではずっと使い続けるつもりでしたが、度重なるソフトウェアアップデートにハードウェアスペックが追いついてこれなくなったのか、あるいはタフな日常利用によって内部的に接触不良が生じたのか、ここ数ヶ月で画面が「砂嵐」状態になることが増え、だましだまし使い続けてきたもののそろそろ限界かな...という感じです。

以下は、個人的な総括として、スマートウォッチ利用を通じて感じた課題 (敢えてネガティブな側面) を挙げ連ねてみたものです。Pebble に限らず、多くのスマートウォッチにも当てはまる課題かもしれません。先の記事はどちらかと言うとポジティブな (期待感を交えた) 内容でしたが、長期間利用し続けることで逆の側面を実感することも少なくなく、自分にとっては (当初あまり予想していなかった意外な) 学びになったので、書き記しておきたいと思います。

時々ふと疲れてしまう束縛感

スマートウォッチを身に付けて生活すると、わりと小まめに (バッテリーが比較的よく保つとされている Pebble でさえ少なくとも週一回は) バッテリー切れを意識しながら生活することになります。また、スマートフォンとの Bluetooth 接続も時々切れたりします。そのたびに「お守り」(充電したり、バッテリー消費を抑える工夫をしたり、Bluetooth のペアリングをし直したり) が必要になりますが、作業自体はさほど手間ではないものの、「マイナスからゼロに戻す」類の操作は、度重なると気が進まなくなるものです。普通の腕時計で言えば「使える」状態にするために時刻合わせを数日おきにやらされるのに近い感覚で、正直面倒に感じてしまうことも少なくありません。

だからと言って「そんなに面倒なら外せばいいじゃん」と簡単にいかないのが、スマートウォッチの魅力であり厄介なところです。自分の場合、起きているときだけでなく寝ているときも (MorpheuzGentle Wake といったアプリを使ったりして) Pebble を身に着けていたというのもあるかもしれませんが、スマートウォッチによって得られる各種の UX が日々の生活習慣になってしまうと、心理的になかなか外しにくくなったりします (TPO に応じて「今日は違う時計を身に着けよう」という思考にも、ブレーキがかかります)。

お守りの面倒さや UX の生活習慣化は、スマートフォンにも当てはまると言えますが、スマートウォッチの場合デバイスと身体の距離が極めて近い (常にぴったりくっついていて、かつユーザーの視界に入りやすい) ことから、「常にデジタル機器を身にまとっている」と顕在的に意識させられる度合いがスマートフォンよりも格段に大きいと感じます。その意識は、ちょっとしたきっかけで「いつもテクノロジーに束縛されている感」に転じることがあり、時々ふと疲れてしまうのです。

意外にかかるランニングコスト

スマートウォッチのようなデジタル機器には、OS やファームウェアのアップデートがあります。それ自体は当然のことですが、アップデートを重ねるうちにデバイス側のハードウェアスペックが陳腐化してゆく、というジレンマがあります。私の場合、Pebble の初期モデルを使い続けてきたからというのもあるかもしれませんが、第二世代モデルが出てきてそれ用に OS が一新されたあたりから、挙動が重たくなる (描画が操作に追い付かなくなる) ケースがよく見られるようになりました。コストパフォーマンスを重視した低スペックモデルの場合、ユーザーの予想より早く陳腐化が訪れるかもしれません。

結局のところ、継続的に安定した UX を得るためには、相応のランニングコスト (数年ごとの買い換え) をユーザー側は受け入れなければいけないのだろうな、というのが実感ですが、スマートフォンに加えて、さらにランニングコストがかかるデバイスを持ち続けるというのは、(よほどのガジェット好きは別として) 多くの人にとってハードルが高そうだな、と思い至っています。

ところで、先の記事では結びに「スマートウォッチがさらに進化して、スタンドアローンなデバイスになれば (スマートフォンとのペアリングが前提条件でなくなれば)、また違った UX がいろいろ出てくる可能性もあります。」と書きましたが、恐らくそのためにはスマートウォッチ用に SIM を契約する形になり、通信料という別のランニングコストも求められるでしょうから、ますますユーザーは限られそうです。

利用可能な世代は案外限定的

私の場合、Pebble の利用期間と、年齢に伴う視力 (ピント調整機能) の低下が偶然重なったこともあり、Pebble の画面がだんだん見にくくなることを実体験しました。スマートウォッチのアプリやウォッチフェイスには様々な情報を盛り込むことができますが、細かな情報が表示されていても、瞬時に読み取ることができなくなるのです。

ディスプレイ解像度の向上やフォントの選択によって多少改善の余地はあるのかもしれませんが、スマートフォンに比べて絶対的に画面サイズが小さかったり、目とデバイス間の距離調整幅が狭かったり (手首にデバイスが固定されている、自然な腕の高さや肘の角度は限られている、など) という物理的な制約はどうしてもあるので、致し方ないのかもしれません。ただ、案外利用可能な世代は限られているのだな、という実感は得られたので、その制約を立脚点に、どうアプリをデザインすればよいか、いろいろ考えることはできそうです。


さて、これらの課題が解決されれば果たしてスマートウォッチは今日のスマートフォンのような日用品として定着するのか?という関心はあるかもしれませんが (以前の私はそうでした)、今では個人的には懐疑的な印象を持っています。スマートウォッチのユーザーインターフェースやインタラクションは、デバイスと身体との物理的な関係性が固定的な分、モダリティの幅 (情報の入出力のバリエーション) がスマートフォンに比べ限定的にならざるを得ない性質を持っていると実感していて、恐らくスマートフォンのような汎用品 (誰もがいつでもどこでも多様な便利さを享受できるもの) にはなり得ないのだろうな、と思い至っています。

むしろ、この手のウェアラブルなデバイスは、限定的なモダリティを独自性 (または特長) として訴求することで、ある特定のユーザーゴールやコンテキストにおいて「狭く深く」重宝されることを目指すのがよいのかもしれません。アクティビティトラッキングやフィットネス用途に特化した Fitbit が、汎用的な Pebble を飲み込んだのは、ある意味、象徴的なのかな、という気がしています。