Chris Nossel "Narrow AI in Sci-Fi" (UX Days Tokyo 2016)

2016年3月18日に開催された UX Days Tokyo 2016 カンファレンス で、Chris Nossel さんによる講演がありました。

Chris Nossel さんは、Cooper 社の UX デザイナー兼トレーナーです。「Make It So: Interaction Design Lessons from Science Fiction」(日本語訳は「SF映画で学ぶインタフェースデザイン - アイデアと想像力を鍛え上げるための141のレッスン」) の著者でもあります。

Make It So: Interaction Design Lessons from Science Fiction
SF映画で学ぶインタフェースデザイン - アイデアと想像力を鍛え上げるための141のレッスン

以下、講演のノートです。

講演者のスライドと発話を筆者がメモしたものをベースに、当記事用に (筆者なりの理解や解釈を加味する形で) 若干編集を加えております。そのため、講演内容を正確に再現しているものではないこと、ご承知おきください。

1/5 What is Narrow? (Narrow とは?)

Narrow AI の例

2/5 Narrow AI is Hard to See (Narrow AI は見えにくい)

3/5 Narrow AI is Hard to Write (Narrow AI は描きにくい)

4/5 Narrow is the AI of Now (Narrow AI こそが、現時点でのAI)

5/5 A Conversational Model (対話型モデル)