Jesse James Garrett "16 Lessons" (UX Days Tokyo 2016)

2016年3月18日に開催された UX Days Tokyo 2016 カンファレンス で、Jesse James Garrett さんによる講演がありました。

Jesse James Garrett さんは、UX デザインのコンサルティング会社 Adaptive Path の創設者として、また書籍「Elements of User Experience, The: User-Centered Design for the Web (Voices That Matter)」(日本語訳は「ウェブ戦略としての「ユーザーエクスペリエンス」―5つの段階で考えるユーザー中心デザイン (Web designing books)」) の著者として有名です (というか、レジェンドですね)。「Ajax」という用語の生みの親でもあります。細身の体にレザージャケットと黒縁眼鏡というトレードマークはそのままに、当日は髪の一部をさりげなく紫色に染めていて、お洒落でした。

Elements of User Experience, The: User-Centered Design for the Web (Voices That Matter)
ウェブ戦略としての「ユーザーエクスペリエンス」―5つの段階で考えるユーザー中心デザイン (Web designing books)

以下、講演のノートです。

講演者のスライドと発話を筆者がメモしたものをベースに、当記事用に (筆者なりの理解や解釈を加味する形で) 若干編集を加えております。そのため、講演内容を正確に再現しているものではないこと、ご承知おきください。

イントロダクション

16 のレッスン

1. Go broad (幅広く取り組む)

2. Go deep (深く取り組む)

3. Go for a walk (散歩する)

4. Go farther than you think you should (やるべきことを広げてみる)

5. Put away your notes (ノートを脇に置く)

6. Learn to spot your assumptions (思い込みを見抜けるようにする)

7. Stay Curious (好奇心を持ち続ける)

8. Be as curious about your clients as you are about your users (ユーザーに対するのと同じようにクライアントに対しても強い関心を持つ)

9. Hang with different crowds (自分と違う人たちと付き合う)

10. Cultivate allies (味方を育む)

11. Pick your battles (戦いを選ぶ)

12. Good work doesn’t speak for itself (よい仕事は自己PRしてくれない)

13. Changing a design is easy. Changing mind is hard (デザインを変えることは簡単だがマインドを変えることは難しい)

14. Pay attention to your failures (失敗から目を逸らさない)

15. Everything is always changing (すべてのものは常に変化する)

16. We are all in this together (みんなで一緒に取り組む)