YouTube のクローズドキャプション作成が簡単に

先の記事「動画のクローズドキャプションの作りかた (YouTube の場合)」で、YouTube の動画にクローズドキャプションを付ける方法についてご紹介しました。そこでは、タイムコード付きのテキスト (.sbv ファイル) を用意する、クローズドキャプション作成支援ツール (CaptionTube) を使う、タイムコードを含まないテキストを作成してキャプション自動同期機能を使う、といった方法に言及しましたが、今回新たに、YouTube の標準機能として、タイムラインを使ってクローズドキャプションの付加や編集ができるようになりました。とてもわかりやすい機能なので、ご紹介したいと思います。

タイムライン編集画面へのアクセス

タイムラインでクローズドキャプションを付加/編集できる機能 (この記事では便宜的に「タイムライン編集画面」と呼びます) へは、以下の手順でアクセスします。

  1. YouTube アカウントにログインして「動画の管理」を開きます。
  2. クローズドキャプションを付加/編集したい動画の、「編集」ボタンのプルダウンメニューから「字幕」を選びます。下図のような「字幕」画面が開きます。
    「字幕」画面
  3. 「字幕」画面 (上図参照) の右側にある「字幕を追加」ボタンを押して、クローズドキャプションの言語を選び、「新しい字幕を作成する」を選びます。すでにクローズドキャプションが付いている動画の場合は、「字幕を追加」ボタンの下に、存在するキャプションの言語名が並んでいるので、その中から編集したいキャプション言語を選びます。

すると、下図のようなタイムライン編集画面が開きます。

タイムライン編集画面
タイムライン編集画面

タイムライン編集画面の操作

タイムライン編集画面では、実際に動画を再生させながら、任意の位置にテキストを入れるだけで、簡単にクローズドキャプションを作成することができます。YouTube より公式の機能紹介ビデオが公開されているので、これをご覧いただくと、雰囲気がつかめると思います。

Creating subtitles and closed captions

タイムライン編集画面の右上にあるボックスにテキストを入力して、青い「+」ボタンを押す (または PC の [Enter] キーを押す) と、動画再生中の現在位置に、キャプションを付加することができます。

キャプションの表示タイミングや表示時間の長さは、動画プレーヤーの下に表示されるタイムラインで、ドラッグすることで簡単に調整できます。

付加されたキャプションは、タイムライン編集画面の右側に、時系列で表示されます。クリックすると編集 (テキストの変更) ができます。

タイムライン編集画面での操作。画面右上のボックスにテキストを入力して「+」ボタン (または PC の [Enter] キー) を押すと、動画再生中の現在位置に、キャプションを付加することができる (①)。キャプションの表示タイミングや表示時間の長さは、動画プレーヤーの下にあるタイムラインで調整できる (②)。付加されたキャプションは時系列に表示され、クリックして編集 (テキストの変更) ができる (③)。
タイムライン編集画面での操作

最後に「公開」ボタンを押すと、ここで付加した (編集した) クローズドキャプションが公開されます。

タイムコードを含まないテキスト (文字起こしテキスト) のタイミング調整も簡単に

今回ご紹介したタイムライン編集画面では、上述のように、動画プレーヤーの下にあるタイムラインで、クローズドキャプションの表示タイミングや表示時間の長さを簡単に調整できます。この機能は、タイムコードを含まないテキスト (文字起こしテキスト) を読み込んだ後に使用することもできます。

YouTube アカウントにログインできない (「動画の管理」にアクセスできない) スタッフに取り敢えず文字起こしテキスト (.txt ファイル) を作成してもらい、それを読み込んでタイミングを自動同期させ、最終的に手動でタイミングや長さを調整する...といったワークフロー (分業体制) を組むのもよいかもしれません。

クローズドキャプションの多言語展開 (翻訳) も簡単に

今回ご紹介したタイムライン編集画面によって、クローズドキャプションの多言語展開 (翻訳) も簡単になっています。

すでにクローズドキャプションが付加されている動画で、新たに「字幕を追加」すると、タイムライン編集画面が表示されますが、デフォルト言語のキャプションが表示されていて、それと並ぶ形で、翻訳を入力できるようになっています。つまり、タイムコードを気にすることなく、翻訳の文字起こしさえ入力すればよい、という仕組みになっています。

また、「操作」メニューの中に「自動翻訳」機能も用意されているので、ワンクリックで一括翻訳することができます。自動翻訳の精度次第ですが、その後の編集作業が若干で済めば、クローズドキャプションの多言語展開の効率化が大幅に向上できそうです。

多言語展開する際のタイムライン編集画面。デフォルト言語のキャプションが表示されていて、それと並ぶ形で、翻訳を入力できるようになっている (①)。また、自動翻訳機能も用意されている (②)。
多言語展開する際のタイムライン編集画面

以上、YouTube のクローズドキャプションを簡単に付加/編集できる、タイムライン編集画面をご紹介しました。タイムコード付きのテキスト (.sbv ファイル) を作るスキルがなくても済むので、クローズドキャプションを付ける敷居がぐんと低くなったと言えます。この機能が広く知られて、より多くの動画で、クローズドキャプションが実装されればいいな...と思います。