Google Chromeの使用感

2008年9月3日にベータ版として公開された、Googleオリジナルの新ブラウザ「Google Chrome(グーグル クローム)」。すでに試した方もいらっしゃるかと思いますが、私も早速入手してみましたので、主にユーザーインターフェース(UI)の観点から、その使用感について簡単にレビューしてみたいと思います。

Google Chromeの表示例
第一印象は「とにかくシンプル!」です。

具体的に目につくシンプルさとしては、以下のとおりです。ずいぶんバッサリと削ぎ落としたな、と感じました。

  • ツールバーに(他のブラウザでは見られる)検索窓やホームボタンが無い
  • タイトルバーが無い
  • メニューバーが無い
  • ステータスバーが無い

個人的には、こういう「少しでも余計な(と仮定できる)ものは削ぎ落とす」という姿勢は好きです。多機能になってユーザーインターフェースに様々な要素(操作子や表示など)が盛り込まれ、結果的に使いにくくなっているものが多い中、Google Chromeのシンプルさは、その真逆を行っているように思うからです。

ただ、あまりのシンプルさゆえに、一般的なWebユーザーはかえって混乱しないか?という点が少し気になりました。というのも、多くのモダンブラウザのユーザーインターフェースは似通った部分が多く、それによってすでに大半のユーザーのメンタルモデルが醸成されている中、Google Chromeはあまりにも斬新に見えたからです。そんな視点で、以下、具体的に見てみたいと思います。

ツールバー

いまどきのモダンブラウザには当たり前のように搭載されている検索窓やホームボタンが、Google Chromeにはありません。

検索窓については、アドレスバー(URLを入力するエリア)が検索窓の機能を兼ねています(アドレスバーをよく見ると、薄い字で「キーワードを入力して検索」と表示されていることに気がつきます)。たしかに、URLを直接入力するにせよ、キーワード検索をするにせよ、やることは「文字を入れてボタンをクリックする(またはEnterキーを押す)」という点で同じなので、入力窓を一つにまとめたことは、理にかなった割り切りと言えます。今まで、ありそうでなかったユーザーインターフェースで、正直、しびれました。

ホームについては、タブの右側の「+(プラス)」ボタンをクリックして新しいタブを開けば、ホームページ(Google Chromeの初期画面)が開くようになっています。この操作さえ覚えてしまえば、ホームボタンを使う必要がありません。これも、良い割り切りだと言えますね。

ページタイトルの表示

Webページのタイトル(<title>要素の内容)は、タブのみに表示されます。ただしタブの面積は限られているため、大半のWebページでは、タイトルは完全に表示されません(タブにマウスオーバーすれば完全なタイトルがポップアップ表示されるかな?と試してみましたが、そのような仕組みにはなっていませんでした)。これについては賛否両論あると思いますが、タイトルが完全に見えないことが果たしてWebサイト閲覧の妨げになるかを考えると、「必ずしもそうでもない」という割り切りはできるかもしれません。

メニューの選択

たとえば、ページ内検索は「編集」メニューで、文字の拡大(ズーム)は「表示」メニューで、といった具合に、異なるブラウザ間でも、メニューバーから呼び出せる機能はだいたい似通っています。これに対し、Google Chromeの場合、メニューバー自体が無いので、代わりにアドレスバーの右側にある(ページの形をした)アイコンから、これらの機能を呼び出す仕組みになっています。

このような、新たな慣れ(学習)が必要なユーザーインターフェースは、はじめはとっつきにくいかもしれません。ただ、わずかな学習によって確実に操作できる(それによって操作子のデサインもスッキリできる)のであれば、現状のスタンダードから外れたユーザーインターフェースも、アリだと思います。このようなデザインが他のブラウザ(の今後のバージョンアップ)に影響するか、ユーザー側にも受け入れられるか、それによってブラウザの新しいスタンダードになるか...については、これから興味深く見ていきたいと思います。

ステータスバーの表示

さりげないことですが、一般的なブラウザでは、Webページ上のリンク箇所にマウスオーバーした際、リンク先URLがステータスバーに表示されます。セキュリティに対する関心の高まりからか、実はこのステータスバーのURL表示、意外とユーザーは見ていたりします。

ところがGoogle Chromeを見たとき、私は「あれ?ステータスバーが無い。このリンクはクリックして大丈夫かな?」と思いました。実際にクリックしようとして初めてわかったのですが、リンク箇所にマウスオーバーすると、ブラウザウィンドウの最下部に、リンク先のURLが浮かび上がる仕組みになっています。これも若干の学習が必要ですが、一度覚えてしまえば済むの話なので、割り切りとしてはアリかもしれません。ただし、リンク先URLの表示幅に制限があるので、長いパスだと、途中のディレクトリが「/.../」と省略表示されてしまいます。このURL表示幅は、もう少し広くてもよいのでは?と感じました。

Google Chrome独特の仕様/機能

上記以外にも、Google Chrome独特の仕様や機能がありますので、ご紹介したいと思います。

ブックマーク

ブックマーク(Internet Explorerでいうところの「お気に入り」)への登録ですが、アドレスバーの左側にある星印をクリックします。一般ユーザーのほとんどは、「星印」イコール「ブックマーク登録」とは連想できないと思います(初めてGoogle Chromeを使う人は恐らく、ブックマーク登録の方法がわからずに頭を抱えることでしょう)が、これも一度学習してしまえば済む話、と言えなくもありません。

ちなみに、Firefox 3でも、星印がブックマーク登録アイコンとして使われています(アドレスバーの右側に表示されます)。ブラウザ業界では、星印をブックマーク登録に使うよう標準化が進められているのでしょうか。そうだとすれば、そのうち、Webユーザーのメンタルモデルの中に、「星印」イコール「ブックマーク登録」という関連付けが定着するかもしれません。

よくアクセスするページ

ホームページ(Google Chromeの初期画面)には、「よくアクセスするページ」のサムネイル画像が表示されます。サムネイルをクリックすることで、簡単に当該ページに再訪問できるようになっています。惜しむらくは、このサムネイル表示が、訪問履歴を基に自動的に生成されることです。ユーザーが任意で、ここに表示できるサムネイルをカスタマイズできれば、もっと便利になるかなと感じました。

アプリケーションショートカット

耳慣れない用語ですが、ページメニュー(アドレスバーの右側にあるページの絵のアイコン)から「アプリケーションショートカットを作成」という項目を選択すると、そのとき開いているページのショートカットを生成することができます。ショートカットはお好みで、デスクトップに置いたり、スタートメニューに加えたりすることができます。

ショートカットをクリックすると、Google Chromeが開いて、当該ページに再訪問することができます。ただし、このとき開くGoogle Chromeのウィンドウは、さらに機能が削ぎ落とされたものなので(アドレスバーやツールバーが無い)、開いたページから他のページに行きたい場合、そのページ内に用意されているリンクを辿るしかなく、面倒くさい印象を受けました(新たに検索しなおしたい場合などは、改めてGoogle Chromeを立ち上げる必要があります)。

なお、この機能で生成されるショートカットのアイコンは、ファビコン(favicon)を流用する仕組みになっています(ファビコンが無いサイトの場合、無味乾燥な白いアイコンになってしまいます)。アプリケーションショートカットがどの程度ユーザーに使われるかにもよるかもしれませんが、サイトにはファビコンを用意しておくとよいかもしれません。

JavaScriptの無効化

Google Chromeでは、JavaScriptをオフにする(無効にする)ことはできないようです。

(2009年3月22日追記)

このコラム記事の公開後、JavaScriptの無効化について、実は可能であるというコメントをいただきました(ありがとうございます)。ただしいずれも高度なリテラシーを必要とする手法であり、Chromeのユーザーインターフェースからオン/オフが切り替えられないという点では、一般ユーザーには依然として敷居が高いと言わざるを得ないと思います。


以上です。いかがでしたでしょうか?
決して「究極の」ブラウザではない(ユニバーサルで誰にでも使えるブラウザというわけではない)かもしれませんが、徹底的にシンプルなブラウザが好みというユーザーには、フィットしそうです。ちなみにGoogle Chromeは、「WebKit」というレンダリングエンジンを採用しており、アップルのブラウザ「Safari」で正常に表示されているサイトであれば、Google Chromeでも問題なく表示できるようです。このように、ブラウザ検証の手間が増えないのであれば(ブラウザごとにレンダリングのバラツキが生じないのであれば)、新しく使いやすいブラウザが出てきて、ユーザー自身が「自分に合ったブラウザを選択できる」という状況になることは、歓迎すべきかもしれませんね。