動画共有サービスでお手軽にユーザーエクスペリエンス向上

YouTubeなどの動画共有サービスの登場によって、誰でも手軽に、動画をインターネットに公開できる時代になりました。しかも公開した動画は、動画共有サービスのサイトで見れるだけでなく、自分のサイトにも貼り付けて見せることができます。

たとえば、こんな感じです。同じ花火大会で撮影したものですが、動画と静止画(写真)で並べてみました。

静岡県 鹿島の花火大会

動画(スターマイン)


写真(スターマインのクライマックス)

花火大会の写真

この例の場合、「写真のほうがキレイに見えて好き」という方も多いかもしれませんね。ただ、動画を使うと、より「ストレートに」「生々しく」迫力が伝わりやすい効果があることは、おわかりいただけるのではないかと思います。

一昔前は、動画をインターネットに公開しようにも、高価なストリーミングサービスを使うしか選択肢が無かったため、お金に余裕のある企業や団体以外は、なかなか手が出しにくかったことでしょう。ところが、動画共有サービスによって、限りなく低コスト(サーバー周りのインフラは無料!)で動画の配信ができるようになった現在、「自分のサイトにも動画を載せてみたい」と考えているWebマスターの方も多いのではないでしょうか?

写真(静止画)ではなかなか伝わりにくい魅力が、動画でなら伝わるということは、多々あると思います。たとえばハウツーであったり、音や空気感を含んだ雰囲気であったり、(スタッフや職人の)仕事にかける姿勢や情熱であったり。こういった魅力をユーザーが感じ、次のステップ(お申し込みや来店など)にスムーズに導くことができれば、それはすなわちユーザーエクスペリエンスの向上と言えますね。

ここでは、動画共有サービスを利用する際のメリットとデメリットを簡単にまとめておきます。

メリット

デメリット

「二次利用される」とはどういうことかと言うと:
YouTubeなどの動画共有サービスは、厳密にはストリーミングではなく、擬似ストリーミング(プログレッシブダウンロード)という仕組みを使っています。つまり、再生された動画は、ユーザーのパソコンのキャッシュメモリに残る形になります(この特性に乗じて、動画ファイル(.flvファイル)をダウンロードするツールもいくつか出回っています)。著作権や知的財産権の観点で、二次利用されると困るコンテンツについては、この手の動画共有サービスの利用は慎重に検討する必要があります。

アクセシビリティやSEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)の観点から考えると、動画に頼りすぎないことも重要です。基本的には文字(テキスト)で表現し、必要に応じて画像もしくは動画の使用をチョイスする、というバランス感覚を心がけたいものですね。

YouTubeで公開されている、埋め込み(Embed)用のタグには、<embed>要素が含まれており、そのままでは「正しい(Validな)XHTMLのページ」にはなりません。<embed>要素を削除して<object>要素を修正する必要がありますが、詳しくは小粋空間さんの「YouTube の Embed タグを XHTML valid にする」にノウハウが載っていますので、ご参照ください。