「ウェブ進化論」とユーザビリティ

ウェブ進化論」という本があります。本屋さんの新書コーナーで平積みされたりしているのでご存知の方も多いと思いますが、お読みになりましたか?

Google、Web 2.0、ブログ、オープンソースなどを例に「消費者とインターネットの関わりかたが今後どうなってゆくか」がわかりやすくまとめられている良書です。お仕事でWeb (インターネット)を活用されている方、これから活用したいと思われる方は、ぜひ一度読んでおくと良いでしょう。

ウェブ進化論

この本の中で、著者の梅田望夫氏(最近は「はてな」の取締役としても知られていますね)が一貫して述べていることを簡単にまとめると、こんな感じになります。

インターネットの「あちら側」には、GoogleやAmazonなどによって「情報やナレッジの秩序を再編するシステム」が構築され、日々進化している。「情報やナレッジの秩序を再編する」とは、従来、情報/ナレッジの価値が限られた人(その道の権威や大手メディアなど)によって決められていたものが、不特定多数のインターネット使用者(消費者)の行動によって決められるものになるという、パラダイムシフトを示す。
(たしかに、たとえば、Amazonのカスタマーレビューや、Googleのリンクポピュラリティによるページの格付け、ブログ/SNSといったCGM(Consumer Generated Media:消費者が発信するメディア)の増加およびそこに自発的につながるトラックバックやコメントなど、一部の「限られた層」によるバイアスが入り込む余地のない仕組みによって、Web上の情報/ナレッジの価値が決まるようになっていますね。)

こうした「あちら側」のシステムはオープンソースという「不特定多数の技術者によるコラボレーション」によってさらに進化/洗練される。一方「こちら側」も、パソコンやネット接続環境がどんどん安くなることによってインターネットに参加する人が増える。
これによって「あちら側」に蓄積される情報/ナレッジの量や質はますます充実することはもちろんのこと、情報/ ナレッジの秩序づけの精度も高くなってゆく。
(たしかに、ウィキペディア(Wikipedia)などを見ていると、誰でも情報を書き込むことができる(誤った情報を書き込むことも可能)にもかかわらず、大多数の参加によって玉石混淆の「石」が希釈化され、それなりに「使える」情報源となってきていますね。)

「あちら側」のことは難しくてよくわからなくても、「こちら側」のことでしたら、皆さんも実感があるのではないでしょうか?今やノートパソコンですら10万円を切る値段で購入でき、月々数千円でインターネットが使い放題という世の中です(少し前は、ダイヤルアップで従量課金だったので、テレホーダイの時間帯にはネットが重くなったり、といったこともありましたね...)。ニートと呼ばれる人でさえパソコンとインターネット環境は持っていたりしますし、無料(タダ)同然の携帯電話端末でインターネットにアクセスすることも、もはや当たり前となりました。マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボで開発途上国の子どもたち向けに100ドルパソコンが開発されていることをご存知の方も少なくないでしょう。

Webサイト(ホームページ)というメディアは、他のメディアに比べて、ユーザー(閲覧者)側に主導権があるメディアです。ユーザー(閲覧者)は自発的意志によってリンクをクリックすることで初めて、自分の欲しい情報をたぐり寄せて、目的を達成するものだからです。「ウェブ進化論」で述べられているパラダイムシフトをひとことでWeb 2.0と呼ぶことがありますが、このWeb 2.0によって、Webサイト(ホームページ)が持つ他のメディアにはない特性(つまりユーザー(閲覧者)側が主導であること)が、ますます顕著になってきているというのが現状と言えるでしょう。

賢明な読者の方は、もうお気づきですよね?これからはますます、Webユーザビリティの重要性が増してきます。もっと言えば、妥協できなくなってきます。その意味で、私自身、もっと精進しなければ...と気持ちを新たにしている今日この頃です。